ビジネスブログ|(株)オーナー・インテリジェンスの雨宮憲之が、不動産投資・賃貸経営をサポート!<講演・セミナー・空室対策コンサルティング>

株式会社 オーナー・インテリジェンス
株式会社 オーナー・インテリジェンス
「賃貸力」リアルマーケット分析の第一人者、雨宮憲之が、あなたの賃貸経営をサポートします!
2015年12月12日 [物件入手]

≪不動産投資≫1フロア1戸の物件は賃貸のお客さんに人気

今日は、横浜市のかっちゃんのご質問にお答えします。

「雨宮さん、こんにちは。
突然ですが、教えてください。

先日、知り合いの業者から不動産投資物件の売買情報をもらったのですが、
3階建ての小ぶりのマンションで、1つの階に1世帯という物件でした。
このような1つの階に1戸ずつという物件って賃貸経営をするうえでどうなんでしょうか。

結局、判断できずに購入しなかったのですが、
アドバイスをいただけたら嬉しいです」
というご質問の内容でした。


かっちゃんさんが紹介されたような不動産投資物件を
マーケットで見かけたという方も多いのではないでしょうか。

小さな2階建て木造アパートで、下に1戸、上に1戸といった
物件もありますし、
商業地に多いのですが、ペンシルビルのようなマンションで、
細長く高さが4〜5階あって、
それぞれの階に1世帯ずつ住居部分があるといった賃貸物件もあります。

不動産投資に見合ういい物件かどうかは、いろいろな要素を総合的に判断しないと
何とも言えないのですが、


実は、1フロアに1戸の賃貸物件は、
お部屋探しをされるお客さんに好まれる傾向があります。


したがって、こういったマンションやアパートの空室率は
低く抑えられる可能性は高くなります。

それは、なぜだと思いますか。
ヒントは、角部屋です。


そう、1フロア1戸の物件は、究極の角部屋と言えるのです。

通常、角部屋だとお客さんに人気がありますよね。

どちらかにしか隣室がなく、お隣からの騒音も受けにくいですし、
窓が2面取れるので、とても明るく、開放感をもっています。

1フロア1戸の賃貸物件はどうでしょう。


対象住戸の右にも左にも隣室がありません。
完全にそのフロアを独占する形です。
独立しています。


お隣さんを気にする必要がなく、
もちろん、お隣さんの騒がしい騒音なども受けることがありません。

窓などの開口部も多くなります。

よほど接近して、3方をビルなどに囲まれることがなければ、
窓が多いのでとても明るい感じになります。

1フロア1戸の物件というのは、
お部屋探しのお客さんには、結構人気があるんです。

ただ、ペンシルビル型のマンションで狭い敷地に立っている
住居物件は注意も必要です。

4〜5階建てで、エレベーターが設置されていない物件も
よく目にします。

そういう物件ですと、さすがに1フロア1戸であっても、
4階や5階のお部屋を決めるのに、苦労することも多くなります。




■不動産投資を強力サポート 雨宮憲之の公式ウェブサイト



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「物件調査や情報収集の戦略的ノウハウが満載でした!!」
「マーケティングの視点に立った物件調査の参考書を待っていました!!」
「ここまで物件選びをマーケティングの観点から説明した書籍はなかったです!」
「クオリティーを保ちながら、平易な文章で書かれているので、分かりやすかった!」
「初心者が物件選びをする際のバイブル≠ナすね!」


そんな多くのお声をいただいている雨宮の著書第2弾が好評発売中です。

プラス300万円本書影

■雨宮憲之著「もう会社に頼らない!プラス300万円を気楽≠ノ稼ぐ不動産投資術」           (SBクリエイティブ [ソフトバンククリエイティブ]、1,500円+消費税) 

●不動産投資物件のマーケティング調査、
 リスクを避ける物件見極めノウハウ満載の決定版
 ただいま好評発売中です!!


■ネット書店「アマゾン」 6部門で第1位 (2013年4月11日)

★ビジネス・経済部門  第1位
★投資・金融・会社経営部門 第1位
★産業研究部門  第1位
★不動産部門  第1位
★不動産投資部門  第1位

■紀伊国屋大手町ビル店
 「単行本ベストセラー第1位」 (2013年7月8日付)
 


本書の内容詳細&アマゾンでの注文はこちらから



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★不動産投資に関する講演、セミナー依頼を承っております。詳しくはこちら

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■あなたの不動産投資を強力サポート 雨宮憲之の公式ウェブサイト








このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る