ビジネスブログ|(株)オーナー・インテリジェンスの雨宮憲之が、不動産投資・賃貸経営をサポート!<講演・セミナー・空室対策コンサルティング>

株式会社 オーナー・インテリジェンス
株式会社 オーナー・インテリジェンス
「賃貸力」リアルマーケット分析の第一人者、雨宮憲之が、あなたの賃貸経営をサポートします!
2014年10月02日 [物件調査]

«不動産投資»メゾネットタイプと階段の傾斜

不動産投資物件の購入を検討して探していると、
時々、メゾネットタイプの物件に出くわすことがあります。

私も、これまで物件調査で、
メゾネットタイプの売り物件をかなり見にいった覚えがあります。

ここでおさらいをしておきますが、
メゾネットタイプとは、
一つの住戸が上下2階層で構成されていて、
一戸建ての感覚で暮らせるとして、
人気のある住戸です。

バブルの時代だったでしょうか。
人気のあったテレビのトレンディードラマでは、
舞台設定となる住戸が、このメゾネットタイプのお部屋だったことが
多かったと思います。

不動産投資物件の売買を仲介する営業マンは、
「メゾネットは、賃貸のお客さんにもとても人気がありますよ。賃貸経営上有利です」などと
セールストークをしてくる人も多いです。

このセールストーク、嘘ではないのですが、
注意点もあります。

階段の傾斜と部屋の広さがウイークポイントになりやすい

ということです。

階段があるために、一般的な同じ面積の住戸と比べると、
どうしても部屋の広さが小さくなる傾向があります。

また、

階段に取られる面積を小さくするために、
らせん階段にしてあったり、急傾斜になりがちです。


ですので、小さな子供や高齢者のいる家庭では、
転倒などの事故が心配されることになります。

今後、日本の社会も高齢化がまだまだ進みます。

賃貸住宅のボリュームゾーンの高齢者層が増加してくると、
傾斜のきついメゾネットタイプは敬遠される恐れがあります。


メゾネットタイプの不動産投資物件を購入するばあいには、
できるだけ、ゆったりとした階段が設置できるような
広い面積をもった部屋の物件を選択すべきだと思います。

満室物件の場合、確認ができないので判断が難しいですが、
空室がある1棟モノのメゾネットマンションを購入する場合、
ぜひ、階段の形状や傾斜をチェックすることを忘れないでくださいね。

メゾネットタイプは、広さと階段の傾斜をチェックすることが重要です。



■不動産投資を強力サポート 雨宮憲之の公式ウェブサイト



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「物件調査や情報収集の戦略的ノウハウが満載でした!!」
「マーケティングの視点に立った物件調査の参考書を待っていました!!」
「ここまで物件選びをマーケティングの観点から説明した書籍はなかったです!」
「クオリティーを保ちながら、平易な文章で書かれているので、分かりやすかった!」
「初心者が物件選びをする際のバイブル≠ナすね!」


そんな多くのお声をいただいている雨宮の著書第2弾が好評発売中です。

プラス300万円本書影

■雨宮憲之著「もう会社に頼らない!プラス300万円を気楽≠ノ稼ぐ不動産投資術」           (SBクリエイティブ [ソフトバンククリエイティブ]、1,500円+消費税) 

●不動産投資物件のマーケティング調査、
 リスクを避ける物件見極めノウハウ満載の決定版
 ただいま好評発売中です!!


■ネット書店「アマゾン」 6部門で第1位 (2013年4月11日)

★ビジネス・経済部門  第1位
★投資・金融・会社経営部門 第1位
★産業研究部門  第1位
★不動産部門  第1位
★不動産投資部門  第1位

■紀伊国屋大手町ビル店
 「単行本ベストセラー第1位」 (2013年7月8日付)
 


本書の内容詳細&アマゾンでの注文はこちらから



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★不動産投資に関する講演、セミナー依頼を承っております。詳しくはこちら

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■不動産投資を強力サポート 雨宮憲之の公式ウェブサイト







このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る