ビジネスブログ|(株)オーナー・インテリジェンスの雨宮憲之が、不動産投資・賃貸経営をサポート!<講演・セミナー・空室対策コンサルティング>

株式会社 オーナー・インテリジェンス
株式会社 オーナー・インテリジェンス
「賃貸力」リアルマーケット分析の第一人者、雨宮憲之が、あなたの賃貸経営をサポートします!
2014年10月20日 [物件調査]

≪不動産投資≫不動産屋の店頭広告で地域の需給を予測する

安定した賃貸経営を行うには、
対象物件の地域の稼働状況が大きな要素になります。

せっかく競争力のありそうな不動産投資物件を手に入れても、
そのエリアが過度に供給過剰になっていたら、
客付けで苦戦することが予想できます。

今日は、そんなエリアの賃貸住宅の需給状況を簡単に
予測する方法についてお話したいと思います。

とても簡単、誰でもできる方法です。

それは、


不動産屋さんの店頭に貼られた入居者募集チラシや
店前の看板の広告の賃貸条件をチェックすることです。


具体的に言えば、賃貸条件の部分に注目し、
どの程度の敷金・礼金が取れているかを見
ば、賃貸条件の部分に注目し、
どの程度の敷金・礼金が取れているかを見るのです。

昨今は、ご存知の通り、日本全国空室ばかり、
というくらい稼働状況が悪<なっています。

そのため、空室対策として、目立っているのが、
初期費用のハードルを下げることです。


稼働状況が悪い地域ほど、
初期費用を安くした物件が多くなっているのです。


したがって、敷金・礼金を見てゼロゼロの物件の比率が大きいほど、
そのエリアが空室に悩まされている可能性が高いのです。

大家さんが悲鳴を上げているいるような地域では、
敷金・礼金を取っている物件チラシが全く見当たらないということも
珍しいことではありません。

あまり細かい点を気にしないで、看板やウインドウに貼られた
チラシを流し読みするだけでOKです。
だいたいの傾向はつかめるはずです。

貴重な存在になりつつありますが、
地域によっては、中古物件でも、敷金・礼金を1カ月ずつ
しっかりと取っている地域があります。

こういったエリアは、かなり需給状態のよい、
高稼働地域の可能性が高いと言えます。

これから不動産投資物件の購入を考えている方、
現地調査に行った際には、近隣の不動産屋さんをまず覗いてみてください。
店内に入らなくても、外にあるチラシだけで感触がつかめます。

また、既に賃貸経営を行っているという大家さん、
半年に1回は、近くの不動産屋さんでチェックしてみてください。

急に、賃貸条件を緩和した物件が目立つ場合は要注意です。
空室率が急激に上がっている可能性が高いのです。


そのような感触をつかんだら、いち早く、次の一手を打つことです。



■不動産投資を強力サポート 雨宮憲之の公式ウェブサイト



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「物件調査や情報収集の戦略的ノウハウが満載でした!!」
「マーケティングの視点に立った物件調査の参考書を待っていました!!」
「ここまで物件選びをマーケティングの観点から説明した書籍はなかったです!」
「クオリティーを保ちながら、平易な文章で書かれているので、分かりやすかった!」
「初心者が物件選びをする際のバイブル≠ナすね!」


そんな多くのお声をいただいている雨宮の著書第2弾が好評発売中です。

プラス300万円本書影

■雨宮憲之著「もう会社に頼らない!プラス300万円を気楽≠ノ稼ぐ不動産投資術」           (SBクリエイティブ [ソフトバンククリエイティブ]、1,500円+消費税) 

●不動産投資物件のマーケティング調査、
 リスクを避ける物件見極めノウハウ満載の決定版
 ただいま好評発売中です!!


■ネット書店「アマゾン」 6部門で第1位 (2013年4月11日)

★ビジネス・経済部門  第1位
★投資・金融・会社経営部門 第1位
★産業研究部門  第1位
★不動産部門  第1位
★不動産投資部門  第1位

■紀伊国屋大手町ビル店
 「単行本ベストセラー第1位」 (2013年7月8日付)
 


本書の内容詳細&アマゾンでの注文はこちらから



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★不動産投資に関する講演、セミナー依頼を承っております。詳しくはこちら

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■あなたの不動産投資を強力サポート 雨宮憲之の公式ウェブサイト





このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る