ビジネスブログ|(株)オーナー・インテリジェンスの雨宮憲之が、不動産投資・賃貸経営をサポート!<講演・セミナー・空室対策コンサルティング>

株式会社 オーナー・インテリジェンス
株式会社 オーナー・インテリジェンス
「賃貸力」リアルマーケット分析の第一人者、雨宮憲之が、あなたの賃貸経営をサポートします!
2017年05月30日 [物件入手]

«不動産市場»「マイナス金利」でマンションの値引き販売が…!

■「竣工までに完売」のスタンスが崩れる
 業者は値引きをせず、じっくり完売を目指す
 


最近、新築マンションの区分所有物件で、販売業者が値引きをしなくなったという声が聴かれるようになりました。実需が主体のこういった物件で不動産投資をされる方は少ないかもしれませんが、相続対策を兼ねて、利回りにこだわらずに賃貸経営をされている方もいると思います。

確かに、

これまでは「竣工までに完売」が業者の基本戦略でしたが、そのスタンスが大きく変化し、値引きに消極的になっているようです。

一方で、新築マンションが売れなくなって在庫が増加しているというニュースもよく耳にするようになりました。首都圏のマンション販売在庫は、2015年12月に6000戸を突破、2016年12月には7000戸を超えています。

通常なら、在庫が増加したら、多少価格を見直してでも一刻も早く売却を図ろうとするのが業者の行動でしょう。なぜ、マンション業者は強気になっているのでしょうか。

実は、そこには、2016年1月に日本銀行が導入した「マイナス金利」政策が関係しています。


マンションデベロッパーは建築から販売までのプロセスの中で、多額の資金調達をしています。本来なら、その借入金に対して、事業上バカにならない金利がかかっているのですが、「マイナス金利」政策のおかけで、業者の金利負担が軽くなっているのです。資金的に余裕がある状態です。

だから、デベロッパーも全く焦りません。値引きをせずに完売するまで、じっくり待てる環境なのです。


短期間での完売に注力してきたあの野村不動産までもが「利益を削ってまで売る必要はない」というスタンスです。

マンション購入者にとって、「マイナス金利」政策を反映した住宅ローンやアパートローンの低金利が物件購入の追い風になっていますが、販売側の業者にとっても価格戦略で強気のスタンスが維持できる環境を生み出しているのです。





■不動産投資を強力サポート 雨宮憲之の公式ウェブサイト

■不動産投資を強力サポート 雨宮憲之の公式ウェブサイト(スマホ用)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「物件調査や情報収集の戦略的ノウハウが満載でした!!」
「マーケティングの視点に立った物件調査の参考書を待っていました!!」
「ここまで物件選びをマーケティングの観点から説明した書籍はなかったです!」
「クオリティーを保ちながら、平易な文章で書かれているので、分かりやすかった!」
「初心者が物件選びをする際のバイブル≠ナすね!」


そんな多くのお声をいただいている雨宮の著書第2弾が好評発売中です。

プラス300万円本書影

■雨宮憲之著「もう会社に頼らない!プラス300万円を気楽≠ノ稼ぐ不動産投資術」           (SBクリエイティブ [ソフトバンククリエイティブ]、1,500円+消費税) 

●不動産投資物件のマーケティング調査、
 リスクを避ける物件見極めノウハウ満載の決定版
 ただいま好評発売中です!!


■ネット書店「アマゾン」 6部門で第1位 (2013年4月11日)

★ビジネス・経済部門  第1位
★投資・金融・会社経営部門 第1位
★産業研究部門  第1位
★不動産部門  第1位
★不動産投資部門  第1位

■紀伊国屋大手町ビル店
 「単行本ベストセラー第1位」 (2013年7月8日付)
 


本書の内容詳細&アマゾンでの注文はこちらから



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★不動産投資に関する講演、セミナー依頼を承っております。詳しくはこちら

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■不動産投資を強力サポート 雨宮憲之の公式ウェブサイト

■不動産投資を強力サポート 雨宮憲之の公式ウェブサイト(スマホ用)



このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る