ビジネスブログ|(株)オーナー・インテリジェンスの雨宮憲之が、不動産投資・賃貸経営をサポート!<講演・セミナー・空室対策コンサルティング>

株式会社 オーナー・インテリジェンス
株式会社 オーナー・インテリジェンス
「賃貸力」リアルマーケット分析の第一人者、雨宮憲之が、あなたの賃貸経営をサポートします!
2017年09月27日 [物件調査]

≪不動産投資≫幹線道路沿いのマンションは認知症リスクが高い?

■幹線道路沿いの賃貸経営に新たなリスク?
 不動産投資家が気になるカナダの認知症データ
 



アパート・賃貸マンション経営を行う不動産投資家や地主にとっては、少々衝撃的なお話が出てきました。
もしかしたら、賃貸経営に限ったお話では済まないかもしれません。
実需で分譲マンションを購入した方にとっても、資産としての不動産価値に大きな影響が出るかもしれません。

それは、「幹線道路沿いのマンションに住むと認知症のリスクが高まる」という仮説です。

これは、200万人近くを対象に、カナダのオンタリオ州で行われた調査で得られたデータから出てきたものです。
この結果をまとめた論文は、イギリスの医学誌「ランセット」に掲載されました。
気になるそのデータですが、


幹線道路から300メートル以上離れた所に住んでいる人に比べて、
101〜200メートルでは、発症リスクが2%高まる
51〜100メートルでは、発症リスクが4%高まる
50メートル以内では、発症リスクが7%高まるというものです。


この調査は、2001〜2012年に調査されたものですが、現在までのところ、日本ではあまり大きな話題にはなっていません。
交通量の多さ(騒音という要素?)と認知症の発生に因果関係があるのでしょうか。

もし、この論文の結果が何かの出来事をきっかけに広まってくると、幹線道路沿いの物件の不動産価値に大きな影響を与えることになってしまいます。アパート・賃貸マンション経営を行っている投資家や地主さんも物件が稼働しなくなり、打撃を受けてしまうかもしれません。

高齢社会がさらに進み、住環境と認知症の発生リスクの研究が脚光を浴びる可能性もあります。この論文に対して、他の専門家たちがどういう見解をもっているかが気になります。





■不動産投資を強力サポート 雨宮憲之の公式ウェブサイト

■不動産投資を強力サポート 雨宮憲之の公式ウェブサイト(スマホ用)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「物件調査や情報収集の戦略的ノウハウが満載でした!!」
「マーケティングの視点に立った物件調査の参考書を待っていました!!」
「ここまで物件選びをマーケティングの観点から説明した書籍はなかったです!」
「クオリティーを保ちながら、平易な文章で書かれているので、分かりやすかった!」
「初心者が物件選びをする際のバイブル≠ナすね!」


そんな多くのお声をいただいている雨宮の著書第2弾が好評発売中です。

プラス300万円本書影

■雨宮憲之著「もう会社に頼らない!プラス300万円を気楽≠ノ稼ぐ不動産投資術」           (SBクリエイティブ [ソフトバンククリエイティブ]、1,500円+消費税) 

●不動産投資物件のマーケティング調査、
 リスクを避ける物件見極めノウハウ満載の決定版
 ただいま好評発売中です!!


■ネット書店「アマゾン」 6部門で第1位 (2013年4月11日)

★ビジネス・経済部門  第1位
★投資・金融・会社経営部門 第1位
★産業研究部門  第1位
★不動産部門  第1位
★不動産投資部門  第1位

■紀伊国屋大手町ビル店
 「単行本ベストセラー第1位」 (2013年7月8日付)
 


本書の内容詳細&アマゾンでの注文はこちらから



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★不動産投資に関する講演、セミナー依頼を承っております。詳しくはこちら

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■不動産投資を強力サポート 雨宮憲之の公式ウェブサイト

■不動産投資を強力サポート 雨宮憲之の公式ウェブサイト(スマホ用)




このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る