ビジネスブログ|(株)オーナー・インテリジェンスの雨宮憲之が、不動産投資・賃貸経営をサポート!<講演・セミナー・空室対策コンサルティング>

株式会社 オーナー・インテリジェンス
株式会社 オーナー・インテリジェンス
「賃貸力」リアルマーケット分析の第一人者、雨宮憲之が、あなたの賃貸経営をサポートします!
2014年02月26日 [コミュニケーション力]

≪不動産投資≫たかが相槌とあなどるなかれ!

さて、今日のお話は、

「相槌(あいづち)を打つ」ことです。

あなたは、誰か人と話をするときに、「なるほど…」と相槌をうっていますか。

なんで、いまさら、相槌なんてと言うかもしれません。

不動産投資や賃貸経営となんの関係かがるのか、と言いたくなるかもしれませんが、
実は、この相槌はとても重要なコミュニケーション技術なのです。

営業の世界では、
相槌を打つことが、積極的傾聴の技術とされています。

セールスの上手な人ほど、相槌を打つのがうまい

と言われているのです。

相槌を打つことがうまいということは、
お客様の話を聞き出すのがうまいということです。

つまり、相槌がうまい営業マンは、お客様から、
「困っていること」「今抱えている問題や課題」を
うまく聞き出すことができる上手な「聞き役」が務められるというのです。

積極的に相手の言葉に耳を傾けてくれる姿勢というのは、
話す側からしたら、悪い気分になりません。

この相槌という手法が、話しやすい環境をバッチリ整えてくれます。

そんな環境のもとで、相手の話し手は、
話す予定のないことまで、ついつい話してしまうことさえあるのです。

できる営業マンは、「なるほど…」と言いながら、
相手から驚くほどたくさんの情報を手に入れています。


営業マンというと、積極的にセールストークを展開し、
押しまくって契約に結び付けるというイメージがありますが
全く逆のようです。

まずは、相手のことをどれだけ知ることができるかがカギなのです。

さて、不動産投資家や賃貸経営をしている大家さんはどうでしょう。

いろいろなパートナーや入居者とさまざまな場面で、
コミュニケーションをはからなければなりません。

いかに相手の持っている情報や考えていることを
引き出すかはとても大切なことです。

不動産投資家のあなたも、
この相槌を打つことを意識的に実践してください。


たとえば、こんな場面ではどうでしょうか。

収益物件の購入を考えて現地調査をするときには、
お目当ての物件のことを周辺の不動産屋さんに行って
ヒアリングすると思います。

そんな時、意識的に相槌を打って話を聞いてみてください。

相手が気持ちよくしゃべれる環境が作れれば
どんどん重要なこぼれ話や本音の情報が聞き出せると思います。


たかが相槌、されど相槌です。

不動産投資や賃貸経営においても、軽視できません。



★★ トップページはこちら





このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る