ビジネスブログ|(株)オーナー・インテリジェンスの雨宮憲之が、不動産投資・賃貸経営をサポート!<講演・セミナー・空室対策コンサルティング>

株式会社 オーナー・インテリジェンス
株式会社 オーナー・インテリジェンス
「賃貸力」リアルマーケット分析の第一人者、雨宮憲之が、あなたの賃貸経営をサポートします!
2014年03月11日 [経営管理]

≪賃貸経営≫PDCAを賢く利用し目標達成を!

さて、今日の話題です。

PDCAサイクルを使って、賃貸経営の目標達成を

というテーマで話を進めましょう。

PDCAサイクルというのは、ビジネスのマネジメントや管理で
よく使われている手法です。

@計画(Plan)→A実行(Do)→B評価(Check)→C改善(Act)

の4つのステップで、仕事を進め、目的・目標を達成しょうという

考え方、手法です。

それぞれのステップを見ていくと、

@の計画は、目的・目標を決め、それを達成するための方法を決める

Aの実行は、計画で定めた方法で仕事に取り組む

Bの評価は、実際に出てきた結果を、目的や目標と比較してチェックする。
問題があれば、原因を考える。

Cの改善は、結果に応じて処置をとる
ということになります。

どうですか。賃貸経営でも利用できますよね。

あなたは、どんな目標を立てていますか。

少なくとも毎年一年の目標は立てておくべきです。

何となく、賃貸経営をやっているという状態からは
早く抜け出さなければいけません。
もちろん、もう少しピンポイントで短期的な目標でも構いません。

たとえば、

「これからは退去があったら、1カ月以内に入居者を決める」
という目標でもいいでしょう。

そのために、
「さまざまな募集ツールに力を入れたり、客付け会社に自ら営業する」
なんていう計画を立ててもいいでしょう。

実際にやってみる。
結果はどうだったか、チェックをしてみる。
自分なりの分析をしてみて、問題点があれば、
早速軌道修正して取り組んでみる。

そうやって、

目的・目標を達成できるまで、
繰り返しPDCAのサイクルを回していく


のです。

賃貸経営もサービス業です。れっきとしたビジネスです。
やみくもにやってもいい結果は生まれないのです。



★★不動産投資・賃貸経営を強力サポート トップページはこちら



このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る