ビジネスブログ|(株)オーナー・インテリジェンスの雨宮憲之が、不動産投資・賃貸経営をサポート!<講演・セミナー・空室対策コンサルティング>

株式会社 オーナー・インテリジェンス
株式会社 オーナー・インテリジェンス
「賃貸力」リアルマーケット分析の第一人者、雨宮憲之が、あなたの賃貸経営をサポートします!
2014年06月26日 [経営管理]

≪賃貸経営≫内熨斗(うちのし)と外熨斗(そとのし)

神奈川県横浜市の大家さん、Tさんからご相談を受けました。

「雨宮さん、つまらない質問で申し訳ありません。
大家さんは、管理会社さんにお中元やお歳暮って贈っているんでしょうか。
皆さんどうされているんでしょうか。
雨宮さんのクライアントの大家さんは、いかがですか。
賃貸経営とは直接関係ないのですが、気になったもので質問させてください」


という内容です。

そうですね。
その聞きたい気持ちとてもよく分かります(笑)。

ということで、
私の考え方をご説明したいと思います。

私は、大家として、必ずお中元もお歳暮を
管理会社さんや賃貸経営に協力してくれている協力業者さんに送っています。

理由は単純です。
人間は誰でも、お中元やお歳暮をもらえば嬉しいからです。
人間は元来、げんきんなものです。

ちょっとした心遣いをして喜んでいただいたことが、
入居者募集活動の頑張り度に大きく影響を与えます。

以前、知り合いの大家さんに、
大家がお客さんならんだから、管理会社の方が出すもんじゃないのか、
と言われていた方がいますが、
それを言ったら、経営なんてできませんよね。

たった2000円〜3000円位の出費で、
管理会社のモチベーションを上げることができるなら安いものです。

正確にいうと、
空室物件の多い、競争激化地域では、多くの大家さんが贈り物をしているので、
モチベーションを下げないことができるなら安いものです、
と言った方がいいかもしれません。

結論としては、管理会社には
盆暮れに何か差し上げた方がいいと思います。

横浜のTさん、大したアドバイスになりませんでした。

でも、待ってください。

私の戦略大家塾、ここで意外性のあるアドバイスをしたいと思います。
(ホンマかいなと突っ込まないでくださいね)

私が個人的に工夫をしているのは、
贈り物につける熨斗紙(のしがみ)をかける位置なんです。


熨斗紙自体はお分かりだと思いますが、通常ですと、
「お中元」「〇〇マンション 雨宮憲之」といった感じで文字を書きますよね。

では、内熨斗(うちのし)と外熨斗(そとのし)って聞いたことがありますか。

熨斗の包装には、包装紙の内側に熨斗紙をかける「内熨斗」と
包装紙の外側に熨斗紙をかける「外熨斗」があるんです。

諸説あるようですが、マナーの本などには、
持参して手渡すときは「外熨斗」。
宅配便などで送るときや、控えめに贈るときは「内熨斗」なんて書いてあります。

うん、なるほどー。

なんて納得しないでください。
私は、マナーの作法を紹介したいわけではありません。

マナーとは無縁のお話しです。

いやらしい言い方ですが、
どうせ贈るなら最大限の効果を発揮できる方法を探るべきです。

私の場合、基本的に管理会社には、
贈り物を持参するようにしていますが、その際は「内熨斗」です。


持参なのに「内熨斗」?

そうです。

これには合理的な理由があるんです。

なぜならば、
スタッフが事務所から出たり入ったりと忙しい管理会社の場合、
私たちが帰ったあと、誰かが包装紙を剥がしたときに、
一緒に、大家さんの名前の入った「外熨斗」も捨てられてしまうからです。

そうです。

誰からのもらい物か、一部のスタッフにしか分からないからなのです。

いやらしい〜。えげつない〜。なんて言わないでください。

日ごろの感謝の気持ちとはいえ、経営者としては、
賃貸経営で、最大限の効果を上げる努力をしなければなりません。

例えば、高級菓子などを贈るのであれば、

「内熨斗」の熨斗紙を箱のふたの裏に、簡単に取れないよう、
お店の店員に、しっかりとセロテープで止めてもらいます。


そして、その熨斗紙の上に包装紙でラッピングしてもらうのです。

こうすれば、包装紙が捨てられても、熨斗紙は運命を共にすることなく、
お菓子がすべてなくなるまで、箱にしっかりと貼られているのです。

これで、熨斗紙にある、大家さんの名前もずっと、頑張って宣伝活動をしてくれます。

大家さんは、賃貸経営という事業を行う経営者です。
最大の宣伝効果を上げることをいつも考えることは大切です。

大家さんの宣伝ツールとしてお中元やお歳暮を考えると、
「売名行為」の持続効果が長くなければもったいないのです。


いいですか。「売名行為」の持続効果です。

付け加えていえば、
「内熨斗」ですと、見た目が包装紙だけで寂しいという方もいるでしょう。

私の場合、マナーの先生には怒られてしまいますが、
包装紙の上部にさりげなく、自分の名刺を貼っています。


これで、包装紙を開ける前も「売名行為」は大成功です。

まあ、ご参考までに、スタッフ個人に贈るときには、
「外熨斗」で贈っている場合もありますし、
「内熨斗」で贈っている場合もあります。

それは、その人に伝われば目的は達成だからです。

賃貸経営でのちょっとした心遣いは必要になりますが、
お中元やお歳暮を贈る際にも、戦略的に考えることは重要です。

本日は、私のちょっと、いやらしい一面をお見せしました(笑)。


★★不動産投資・賃貸経営を強力サポート トップページはこちら



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「マーケティングの視点に立った物件調査の参考書を待っていました!!」
「ここまで物件選びをマーケティングの観点から説明した書籍はなかったです!」
「重要ポイントが満載ですが、平易な説明で書かれていてとっつきやすいです!!」
「初心者が物件選びをする際のバイブル≠ナす!」


 そんな多くのお声をいただいている雨宮の著書第2弾が好評発売中です。

プラス300万円本書影

■雨宮憲之著「もう会社に頼らない!プラス300万円を気楽≠ノ稼ぐ不動産投資術」           (SBクリエイティブ [ソフトバンククリエイティブ]、1,500円+消費税) 

●物件のマーケティング調査、
 リスクを避ける物件見極めノウハウ満載の決定版
 ただいま好評発売中です!!


■ネット書店「アマゾン」 6部門で第1位 (2013年4月11日)

★ビジネス・経済部門  第1位
★投資・金融・会社経営部門 第1位
★産業研究部門  第1位
★不動産部門  第1位
★不動産投資部門  第1位

■紀伊国屋大手町ビル店
 「単行本ベストセラー第1位」 (2013年7月8日付)
 


本書の内容詳細&アマゾンでの注文はこちらから



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

★★不動産投資に関する講演、セミナー依頼も承っております。詳しくはこちら

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


★★不動産投資・賃貸経営を強力サポート トップページはこちら


このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る